「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
カテゴリ
研究所
文具探検記録
その他
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
more...
お気に入りブログ
my verdurous...
リンク
最新のトラックバック
札幌ミニオフ
from きたきつねの文房具日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もう一つの筆箱
ブング・ジャム著の「筆箱採集帳」に、当研究所の研究成果をふんだんに詰め込んだ筆箱が掲載されておりますが、実は、もう一つ、こんな筆箱もあります。
c0136361_17442261.jpg

筆箱
・無印良品
中身
・ZOOM 606sh (トンボ鉛筆)
・ZOOM 626bc (トンボ鉛筆)
・ZOOM 636eh (トンボ鉛筆)
・ミニカッター (無印良品)

トンボ鉛筆のZOOM 600 台の「薄型文具」をメインにしたもの。
筆箱は、本当であれば、ペン差しみたいなものがあれば、良かったのですが、適当なものがないため、無印の一番細いペンケースを使用しております。
主に、研究所内で時々使っております。
[PR]
by qprc | 2009-01-31 17:58 | その他
<< 伝統企業コラボレーション 更新:カードもの、ストラップ付き文具 >>