「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
カテゴリ
研究所
文具探検記録
その他
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
more...
お気に入りブログ
my verdurous...
リンク
最新のトラックバック
札幌ミニオフ
from きたきつねの文房具日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:文具探検記録( 51 )
カード文具の新製品情報:デザインフィル
書店併設の大型店にて、デザインフィルのブランド「KNOX」の革小物シリーズ“knoxbrain"に、"CARD SIZE STYLE"なる商品が売られていることのを見つけた。
サイト情報に寄ると、2011年1月24日に発表、2月2日より発売。

製品構成は、
・ルーペ
・鏡
・多機能定規
・メモ用紙(罫線)
・メモ用紙(5mm方眼)
・メモ用紙(ドット)
・メッセージカード
・靴べら
の8種に、2つ折と3つ折の革ケース2種の合計10種。

運悪く、持ち合わせがなかったため、購入を断念したが、必ず入手する予定。

KNOX STYLE
CARD SIZE STYLE カードサイズスタイル
[PR]
by qprc | 2011-02-20 20:51 | 文具探検記録
ヨット鉛筆:デュープレックスパンチ
製品名;デュープレックスパンチ
製造:ヨット鉛筆株式会社
価格:200円(当時)

2010年の文具探検で入手した製品。
今はなきヨット鉛筆の製品で、1穴パンチとステープルリムーバーが一緒になっている。
c0136361_2085164.jpg


箱書きには、「6つの機能」とあるが、箱の裏にある説明書から判断すると、
・1穴パンチ
・ステープルリムーバー
・画鋲はずし
・紙を二つ折りにして2穴パンチ。しかも、穴の間隔は8cm(国際標準間隔と記載されている!)
・パンチ位置を決めやすい目盛り
・穴をあける位置を目視できる「のぞき窓」
と思われる。

c0136361_209726.jpg
製品の上部側から撮影。懐かしきヨット鉛筆のマークが刻印されている。また滑り止めの加工もされている。
穴あけは、写真向かって左側のスリットから紙を挿入する。右側の爪が、ステープルリムーバーで、ステープルを挟む要領で外すことができる。

c0136361_209202.jpg
製品裏側から撮影。裏の「のぞき窓」が見える。また、PAT.No.も刻印されている。のぞき窓をスライドさせて、パンチくずを捨てることができる。

ヨット鉛筆は、昭和42(1967)年廃業との記録があるから、廃業間際に仕入れたとして、実に33年間も箱付きで残っていたことになる(裏を返せば、33年間も「売れなかった」とも言える)。
取り急ぎ、当日誌にて製品の日の目を当てることとする。

にきち氏の「文具資料室」のトップにも、この製品の写真が掲載されている。
[PR]
by qprc | 2011-01-02 20:47 | 文具探検記録
ISOT2010 & コーリンナイト
2年ぶりにISOTを見学し、規模の小ささに落胆と若干の不安がよぎりましたが、全国の文具好きのメンバーとの再会に文具エネルギーを満タンにして、研究所に戻って参りました。

せっかく(若干)文具がブームでありながら、こうも主要メーカーの参加辞退は、ISOTの盛り上がりに欠けます。これは、今のISOTには、参加するほどの魅力がないということなのでしょうか。それとも、運営方法などに問題があるのでしょうか。特に一般の人の参加が名目上制限されていることも気になります。一般人が新製品の説明について、メーカーの社員から受けたり、また、意見を募ることができる貴重な機会を何らかの理由で失っている気がします。
来年もISOTがあることを祈る次第です。

さて、東京カルチャーカルチャーにて、「コーリンナイト」が開かれましたので、見てきました。実は、チケットは1番2番だったのですが、まぁ、番号はあまり重要ではなかったかもしれません。
おもしろイベントとしては、よかったと思いますが、コーリン色鉛筆の良さは、社長の暴走(?)で半分くらいしか伝わらなかったかもしれません。おそらく、純粋に文具好き/鉛筆好きとして見に来たのであれば、ちょっと厳しかったかもしれません。
見るのとやるのでは、全く違うと思うので、日本社員さんは、準備含め、大変だったと思います。文具好き/鉛筆好きへのアピールは、日本社員さんで十分伝えられると思うので、次回やるとすれば、社長抜きで良いかもしれません。
[PR]
by qprc | 2010-07-19 19:08 | 文具探検記録
「内需拡大」という名の文具散財 その2
前回と同じタイトル。またしても、文具散財をする。
久しぶりに、大型ショッピングモール内に入っている大手書店の文具コーナーを探検。
その書店オリジナルの製品や、ワゴンセールで割引対象になった製品など含め5,000円近くを購入。
特に、コクヨS&Tが出していたストラップ付き文具"COLOREE"が、30%OFFになっていたので、ミニ蛍光ペンだけを全色購入。同ミニノートも、4色しか見つからなかったが、購入。ただし、ミニボールペンは、今回は購入を見送り。
また、"2010 Schedule Strap"というストラップ付き文具を見つけ、購入。しかも、2009年10月始まりのため、半額になっていた。

いい加減、前回の購入分を含め、整理しなくては・・・。
[PR]
by qprc | 2010-02-07 21:03 | 文具探検記録
「内需拡大」という名の文具散財
久しぶりに、土日の2日間に、トンボ鉛筆のZOOM 505 SH限定カラーや、レイメイ藤井のペンカットや、消耗品などを購入。
ZOOM 505の新色には、ブラウンやブラックもでているが、そちらは、今回は予算の関係で見送り。いつ買えるだろうか・・・。いや、それまで、残っていてもらいたい・・・。
ところで、新色には、SH と BW は見かけるのだが、BCは、ないのだろうか・・・。
[PR]
by qprc | 2010-01-24 21:01 | 文具探検記録
探検記録:ダブルはさみ、グリーンピン
文具店3店に、助手のつきあいで手芸店も探検
c0136361_182672.jpg

・MESH CASE携帯ストラップ (セキセイ)
・吸取紙 (コクヨ)
・ブロッター (コレクト)
・セマックドキュメントスタンド (セキセイ)
・CLミニメジャー1.5m (デザインフィル)
・ダブルはさみ (サンスター文具)
・グリーンピン (h concept)
・ビースルーニー (ぺんてる)
・MONO消しゴムミニDC (トンボ/サンスター文具)
・ソーイングゲージ (クロバー)
・インデックスシール ペンギン (学研ステイフル)
・フィグラーレ付箋式リストメモ (アピカ)

久しぶりに探検した1店は、店内がガランとしていた。入り口や店内には、「閉店」の文字。また1店、消えてしまう・・・。
怪しいダブルはさみは、閉店セールで3割引だった。せっかくなのに他にも購入。嗚呼、閉店3割引。なんともの悲しい響きなのだろうか・・・。

次の店へ。
デパートの中のテナント店なのだが、過去に同じ店名を別のデパートで見たことがあって、ほぼ同じレイアウトだった。昔行ったことがある店の方は、デパート自体が閉店してしまったので、それっきりになってしまった。

次は手芸店。
助手が見つけたのは、クロバーのソーイングゲージ。さすがは、助手である。

最後に困ったときの大型店へ。
何気ないMONO消しゴムの裏を見ると、有名なネズミのシルエットが。トンボ鉛筆とサンスター文具のコラボ製品。これは、アリなのか?
最近、万年筆を使うことが増えたので、ブロッターと吸取紙を購入。
[PR]
by qprc | 2009-07-25 18:47 | 文具探検記録
探検記録:MILLI 4, CANDY, ナルビーナイフ
2店を探検。
写真付きの探検記録更新は、久しぶりか。
c0136361_20502635.jpg

・AT-EASE PUNCH,STAPLE (トンボ鉛筆)
・ダイモミニテープ 25P 9mm×7cm (エセルテ)
・CANDY 赤、透明に星 (セーラー万年筆)
・替え芯 HB 造花入り (コーリン鉛筆)(ロゴは右向き)
・italico 替え芯 NB2570-IT (コーリン鉛筆)
・ゴールド芯 HB 30本入り (コーリン鉛筆)(ロゴは右向き)
・使い捨て万年筆 スヌーピー Hallmark PM-SN501 (コクヨ)
・MILLI 4 (サンスター文具)
・MILLI S-II 白、黒 (サンスター文具)
・ナルビーナイフ (ナルビー)
・ナルビーナイフ スライド式 (ナルビー)

本当は、3店を探検する予定だったが、1店は、閉店していたようだ。(シャッターが閉まっていて、看板が取り外された跡が残っていた・・・。)
結構早く文具店が消えているような気がする。
そんな中、残り2店は、駄菓子も置いていたりして、頻繁に近所の子供が買いに来ていた。

さて、カード文具2種を確保。MILLI シリーズに、MILLI 4 が有ったとは。
小さな造花が入っている、コーリン鉛筆の替え芯。もしかすると、「花いっぱい運動」の関連商品なのだろうか?なお、ゴールド芯同様、みどり色で着色しているが芯の色は黒である。
ボンナイフの1種、ナルビーナイフも、スライド式を発見。ボンナイフもそろそろ、まとめなければ。
[PR]
by qprc | 2009-07-18 21:17 | 文具探検記録
注文しないと、入手できない。
c0136361_19572260.jpg

・便利ふせん紙 CTP-3004 (EIGHT STATION)
・夏柄ダイカットパックレター すいか SD040-03 (Gakken Sta:Ful)
・和ごころシリーズ ペンギン 72088 (MIND WAVE INC)
・ZOOM 717 シャープペンシル SH-ZSC52 (トンボ鉛筆)

ZOOM717のシャープペンシルは、ZOOM717のボールペンを置いている文具店ですら、全く見かけず、結局、注文することに。はじめからそうすれば早く入手できるのだが、現物を見てから返品するわけにも行かないのと(いや実際には返品することなど無いのだが)、現物を触ってから購入したかったという理由で、お店で仕入れてくれるのを待っていた。
本当は発売していないのでは?と不安になるくらい、どこの文具店でも見つけられなかったし、注文前にも、ネットショップでも見つけられなかった。もしかすると、ボールペンタイプが思いの外、売れていないので、シャープペンシルの仕入れを控えているのかもしれない・・・、などと、勘ぐってしまうのだが、とにかく、無事入手できたので何より。
[PR]
by qprc | 2009-05-10 20:11 | 文具探検記録
100円ショップにて
久しぶりに100円ショップへ。

c0136361_20363483.jpg

・ハート画鋲 SK-15 (不明)
・フラワーピン (不明)
・プチアルバム (SYNAPSE JAPAN)
・A6ノートタテ罫 (サンノート株式会社)
・A6ノートB罫 (サンノート株式会社)
・label in pen (エコー金属株式会社)
・C.P.紐ストラップ付ボールペン (レモン株式会社)
・プチ文具ストラップ 自由帳 (株式会社アズマ)
・プチ文具ストラップ 英和辞典 (株式会社アズマ)
・プチ文具ストラップ 和英辞典 (株式会社アズマ)
・プチ文具ストラップ 国語辞典 (株式会社アズマ)
・プチ文具ストラップ 四字熟語辞典 (株式会社アズマ)
・プチ文具ストラップ ことわざ事典 (株式会社アズマ)

プチ文具ストラップ。自由帳は良いとして他は・・・・・、ちょっと、ストラップ付き文具として扱うべきか迷うところであるが、商品名が「プチ文具ストラップ」となっているので、展示室に掲載することになるだろう。

もう一つ悩ましいのは、label in pen。商品説明は『ボールペン付き付箋入れケース』と記載。ペンと付せん紙ケースが一体になっているのが、今までの傾向だったが、これは、付せん紙ケースがペンケースを兼ねている。形状から考えると、セット文具として扱うべきかと考えるが、今のところは、「メモ用紙/付箋紙付きボールペン」の一種として掲載する予定。
[PR]
by qprc | 2009-05-05 20:52 | 文具探検記録
探検記録:2009年5月2日
久しぶりに写真付きの探検報告。
3店の文具店を巡った成果。

c0136361_19512625.jpg

・HELLO KYTTY定規 RL100-KT (コーリン鉛筆)
・HELLO KYTTY定規 RL120-KT (コーリン鉛筆)
・ROOT ALPHA (クツワ)
・MULTIC デジタル時計付き2色ボールペン (セーラー万年筆)
・erasha 専用替え消しゴム ER-100EA (トンボ鉛筆)
・Project Paper B6 PP-10S (オキナ)
・E-pen (プラチナ万年筆)
・ミッキーデザインナイフ


ROOT ALPHA は、クツワのセット文具で、昭和63年7月頃に発売された製品なのが、文具店のガラスケースの中に、ひっそり残っていた。もちろん、当時の価格で販売していたものを購入。

erasha の替え消しゴムはあるのに、肝心の本体は見つからず。

オキナのProject Paperは、昔のロゴタイプで、10mmのマス目になっているもの。助手が懐かしがって購入。

ミッキーと言えば、ナルビーと並ぶボンナイフのメーカーだが、今回入手したデザインナイフは、カッターの様にスライド式で刃先を出し入れするようになっている進化系。

研究報告も、最近滞っている。今年の連休は、野鳥観察に重点を置いているため、もうしばらく時間がかかりそうだ。
[PR]
by qprc | 2009-05-04 20:08 | 文具探検記録