「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
カテゴリ
研究所
文具探検記録
その他
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
more...
お気に入りブログ
my verdurous...
リンク
最新のトラックバック
札幌ミニオフ
from きたきつねの文房具日記
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
研究停滞中
研究活動が停滞中。
資料の収集は、暇を見て行っているのだが、肝心の報告が遅れ気味。
4月頃までは、この状態が続きそうだ。

久しぶりの報告が、これでは情けないところだが。
[PR]
# by qprc | 2013-03-03 21:12 | 研究所
2013年 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。
既に、正月から7日も過ぎておりますが、今年も、よろしくお願いいたします。

机の上は、年末の大掃除をさぼったため、未だ、乱雑な状態です。
本格的な始動は、まだ当分先になりそうです・・・。
[PR]
# by qprc | 2013-01-06 19:31 | 研究所
DAIGO Jet-ace用ミニシャープペンシル
やっと、工具、材料、まとまった時間が取れたことから、DAIGO Jet-ace用のミニシャープペンシルを作成した。

Jet-ace に差し込めるシャープペンシルとしては、ゼブラのP-TS-3があるのだが、若干長めで、先端が手帳からはみ出てしまう。そのため、できるだけぴったりの長さになるように、OHTO の APS-280ES をカットオフすることで、対応した。

(注意)
本内容は、改造を奨励する訳ではありません。
オート株式会社の製品は、とても素晴しい製品であり、本内容は、製品そのもの否定するものではありません。
改造内容について、手帳のダイゴー株式会社ならびにオート株式会社へのお問い合わせは、おやめください。


DAIGO Jet-aceと付属の手帳用鉛筆、カットオフ前のOHTO APS-280ES、そして isu氏作成のミニミニシャープペンシル
c0136361_205791.jpg


まずは、ノック部分を外し、尾部の金属パーツをまわしながら引き抜きます。
c0136361_2052142.jpg


チューブカッターで、中心部のパイプを切らないようにカットオフします。カットする位置は"JAPAN"の"N"の尾側です。
チューブカッターがない場合は、カッターでまわしながらカットします。
c0136361_2053646.jpg


先ほど外した金属パーツがはめられるように、尾部から5mm程度の幅を削ります。
少しずつ削っては、パーツがはまるか確かめながら作業します。
c0136361_205524.jpg


中心部のパイプを3mm残してカットします。この3mmは、ノックによる沈み長になります。
3mmより短くなるとノックで芯が出にくくなりますので、カットしすぎないように注意が必要です。
c0136361_2061311.jpg


通常のミニシャープペンシルであれば、ここで金属パーツをはめ、ノック部分を戻して完成となりますが、手帳用とするため、もう一工夫します。

手帳の中にシャープペンシルが沈み込まないようにするストッパーを作成します。
ノック部分の消しゴムを外して、そこにはまるものを用意します。
内径4mmにぴったりはまるものがあれば良いのですが、今回は手近にあったダルマプッシュピンを加工します。使用するのは、ダルマプッシュピンの押す側になります。
c0136361_2065952.jpg


糸鋸などで、半分にカットします。その際、プッシュピンの先端に注意して作業します。
c0136361_2071989.jpg


カットしただけでははまらなかったので、軸の部分をヤスリで削ります。
c0136361_2073019.jpg


しおりひもを用意します。今回は、先に作ったストッパーと一緒に、接着剤で固定する方法を採ります。
c0136361_2074890.jpg


しばらく接着剤が固まるまで待ちます。
c0136361_2075916.jpg


手帳に差し込んで完成です。
c0136361_2081055.jpg


本改造は、下記の本を参考にしました。
螢窓社 port-mine vol.2
http://keisosha.com

この場をお借りして、感謝申し上げます。
[PR]
# by qprc | 2012-12-22 21:15 | 研究所
更新:ZOOM L102
更新内容
・ZOOM L120 のボールペン、多機能ペンを追加
・カード工具 Little Carpentersの黒モデルの写真を追加

ZOOM(というよりも、「デザインコレクション」の"ZOOM"が正しいのだが)の新しいモデルの "ZOOM L102"が登場した。
"L"は、おそらく "Light"=「軽い」の意味だと思われるが、軸が軽量アルミでできており、本当に軽い。
多機能ペンに至っては、STAEDTLER の avant-garde light のようだ。
(もちろん、グリップの部分など、違いはあるが。)

実は、まだ発売されていないようで、トンボ鉛筆のサイトにも本筆記具の情報が掲載されていない。
当研究所は、本製品をオークションにて(しかも、9月の上旬に)入手した。

ところで、トンボ鉛筆のデザインコレクションのページは、2008年11月27日が最後の更新になっている。
本来であれば、ZOOM 505のカラーバリエーションが増えているのだが、そもそも、505は、デザインコレクションの一覧に掲載されていないという事も、不思議である。
ZOOM L102は、デザインコレクションのページの中に追加されることを期待したい。
[PR]
# by qprc | 2012-10-28 17:56 | 研究所
更新:サイドノック式シャープペンシル
更新内容
・サイドノック式シャープペンシル3点追加
・ポケットザウルスのリストを修正

3本とも正確にはボディノック式シャープペンシル。
その内1本は、デジタル時計付きという、当研究所内の展示項目をまたぐ製品。
後日、デジタル時計付きペンのページも更新する予定。

助手の調査により、かねてより探していたケイブンシャの大百科別冊「FANTASY WORLD ポケットザウルス」の電子書籍があることを知り、入手。
1987年の出版時点に販売されていた製品がほぼ網羅されていた。
[PR]
# by qprc | 2012-10-14 17:51 | 研究所