人気ブログランキング |

「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
三菱鉛筆"Relief" RS-150
c0136361_18375748.jpg

軸内部に予備のリフィルが内蔵されているボールペン。
いつ頃の製品か不明。リフィルの製造年月が94-01となっていることから、1994年頃の製品と思われる。
入手したのは2008年で、Googleで検索を行っても、当日誌の探検記録くらいしか見つからない。

同様の機構を持つのは、「リフィールストック機構」をもつセーラー万年筆のFailLine 3+。ただし、3色ボールペンのうち、黒だけがストックされている。

個人的には、油性のボールペンを使い切ることはそうそうないので、予備のリフィルの付いていて良かったと思える場面には、早々遭遇しないと思う。

リフィルは、S-7L。
長さ:128mm
径:11.5mm
by qprc | 2010-11-13 20:07 | 研究所
<< 更新:ストラップ付き文具、スト... 更新:(株)トンボ鉛筆&quo... >>