人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
カテゴリ
研究所
文具探検記録
その他
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
more...
お気に入りブログ
my verdurous...
リンク
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
昔のFMラジオの録音媒体
アナログ放送は本日正午を持って放送を終了し、25日0時に停波する。
アナログ放送しか録画できない、VHS/HDD/DVDレコーダーの出番もますますなくなり、再生専用となりつつある。

かねてからの懸案事項に、昔のFMラジオの録音媒体のデジタル化がある。
実は、1994年〜1995年に放送された NHK FM ミュージックスクェア(DJ:辛島美登里)のAirCheck(死語?)をVHSテープで残してあるのだ。
なぜ、カセットテープではなくVHSテープなのかと言えば、3倍速でもテープよりは音質よく録音でき、かつ、長時間録音できるからである。
DATテープが出始めていたが、とても買えなかったので、VHSテープで代用したのも理由である。

しかし、そのVHSテープも再生できるのは、まだ、デッキが正常に稼働できるうちしかない。それに、DVDと比べれば、結構、邪魔になる。(DVDも、数が増えれば、邪魔になってくるが・・・。)
そのため、VHSの音源をデジタル化する作業を土曜日から始めた。

1. まず、デッキ内でVHSからDVDにコピーを行う。
2. DVDをMacに挿入し、HandBrake というフリーソフトを使用して、MP4形式のm4vファイルに変換する。
3. もともと音声しか入っていないので、映像をカットするため、Move Tools というフリーソフトを使用して、MP3データに変換する。

一番時間がかかるのが、1の作業。どうしてもアナログ音源なので、再生時間と同じだけDVDへのコピーに時間がかかる。
1本のVHSテープに、3番組が入っているので、1本終わるのに、6時間弱かかる。
で、VHSテープは、全部で15本。今の時点で、3本終わったので、残りは12本。

まぁ、こればっかりは、気長にやっていくしかない。
by qprc | 2011-07-24 20:05 | その他
<< 昔のFMラジオの録音媒体:その後 更新:ZOOM 404sh、O... >>