「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
遠征探検:四店目
遠征探検四店目。
c0136361_2071110.jpg

・蛍光色鉛筆 (コーリン鉛筆)
・指示棒 (ライオン事務機)
・ダーマトホルダー H-DM (トンボ鉛筆)
・ダーマトホルダー替シン (トンボ鉛筆)
・イタリコ SP500-IT (コーリン鉛筆)

まずは、コーリン鉛筆の蛍光色鉛筆。実は、3色セットをすでに持っていたのだがバラで売られていたので、念のため、確保。また、PS500-IT もすずみさんよりご提供いただいているのですが、全色あったので、揃えてみることに。これだけでも、2000円也(汗)。
ライオン事務機の指示棒は、ちょっと、おもしろかったので、購入。たぶん、OHPとかで使用するのかと思うのだが、詳細は不明。まだ、現役なのだろうか・・・。
最後に、トンボ鉛筆のダーマトホルダーとその替え芯。トンボ鉛筆の紙巻き鉛筆スタイルのダーマトグラフ(正しくは、marking graph 2285)は、持っているが、これは、初。三菱鉛筆でも、ノック式ダーマトグラフ Knock Mark MH-150 を出しているが、トンボ鉛筆のH-DM は、ノック式ではなく、ツイスト式。クリップのある白い部分を回転させることで芯が繰り出される構造。

今回の遠征探検、あと、もう一店あります。
[PR]
by qprc | 2007-09-30 20:45 | 文具探検記録
<< 遠征探検:五店目 遠征探検:三店目 >>