「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
探検:FROHLICH Stapler
郊外の大型書店へ。

c0136361_12591069.jpg

・FROHLICH Stapler (ETONA)
・FROHLICH Stapler替えカートリッジ (ETONA)
・4C-0.4芯 (ゼブラ)
・ペンギン・スタンプ (こどものかお)
・紙サイズのはんかち (濱文様)
・メジャーのはんかち (濱文様)
・えんぴつのはんかち (濱文様)

ちょっと、おもしろいのは、紙サイズがプリントされた「はんかち」。畳まれた状態で売られていたので、ちょっと見ただけでは分からず、買い逃したかも知れない。
ほぼ実寸になっていおり、A3・B4・A4・B5・A5の他に、四切・六切・2L判・はがき・L判のサイズもプリントされている。

いかにも売れ残りっぽい感じで吊り下げられていた、FROHLICH Stapler。針の入った、専用のカートリッジを使用するタイプ。
このステープラの針は、10号針ではなく、一、二回り小さいサイズ。このサイズ、何となく、見覚えがあるので、研究所に戻ってから調べてみると、MAX 製カードステープラ「STACCARD」の針と同じサイズだった。これで、STACCARD を心おきなく使用できる。あとは、機会を見て、残りの替えカートリッジを買い占めておくか・・・。
[PR]
by qprc | 2008-08-16 13:20 | 文具探検記録
<< 更新:デジタル時計付きペン 夏の散策 >>