「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
遠征探検:イレーシャ
c0136361_17422354.jpg

・イレーシャ (トンボ鉛筆)
・ミニカッター (不明)
・Cheer up (セーラー万年筆)

主に、土木建築関係の会社を対象にした事務機器店で、製図用具が多かった。店の人の話に寄れば、昔は、結構売れていたようだが、最近は、製図図面もコンピューター(CAD)で作成することから、ほとんど需要が無いようだ。
しかし、狭い店内にもかかわらず、どこかの顧客に納めるために、箱に入ったままの事務機器(シュレッダーなど)が、店内に置かれたままで、とても、棚の文具を見るような状況ではなかった。
[PR]
by qprc | 2008-10-19 17:57 | 文具探検記録
<< 遠征探検:OBJECT カレンダーは、1ヶ月6週で無け... >>