「四次元ポケット研究所」という仮想研究所における日々の活動を記録した日誌
by qprc
カテゴリ
研究所
文具探検記録
その他
以前の記事
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
more...
お気に入りブログ
my verdurous...
リンク
最新のトラックバック
札幌ミニオフ
from きたきつねの文房具日記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
遠征探検:4店まとめて・・・
ちょっと遠出をして、文具店探検。

c0136361_20565613.jpg

・トーメール (TOKYO DAITO SHIKO)
c0136361_20571141.jpg

・クリッカー (PILOT)
・HandyS (ぺんてる)
・POWER TANK 0.7mm 青 (三菱鉛筆)

4店廻って、どこのお店もコレと言ったものが無く、それぞれ何かしら1点づつ購入。
ちょっとの鼻が利かなかったらしい。
[PR]
by qprc | 2008-09-27 21:07 | 文具探検記録
ヒシクイ、アオサギ
ヒシクイが渡ってきているという情報を元に、牧草地へ。
出没情報は、ある程度押さえていたのだが、なにぶん地方なので、「***」という地名も、かなり広い場所を指しているため、ちょっと、あっちこっち移動して、ようやく見つけた。でも、遠い・・・。
c0136361_20163814.jpg


ヒシクイがいる隣の牧草地に、アオサギが飛来。
c0136361_20165646.jpg


そういえば、サギ類って、ちゃんと見たことがなかったかも・・・。
[PR]
by qprc | 2008-09-24 20:56 | その他
探検記録:文庫本タイプのノートブック
c0136361_2194253.jpg

・文庫本タイプのノートブック ノ-BU17B-B (コクヨ)
・STAPLES for EC-1 替えカセット (ETONA)
・和タオル 万年筆 (濱文様)
・和タオル メジャー (濱文様)

最近A6サイズのノートを使いようになってから、この手のサイズのノートが出ると、とりあえず購入している。そのため、最近、A6ノートがあふれているため、このノートを使い始めるのは、もっと先になるだろう。

STAPLES for EC-1 替えカセットは、2008/08/16 の探検記録の結果をふまえ、在庫を確保した。もっとも、ステープラ自体、当研究所が購入したときに、その1個しかなく、今回の再探検でも、在庫が増えていないので、再入荷する気配もなく、不良在庫だったと思われる。
[PR]
by qprc | 2008-09-17 21:25 | 文具探検記録
探検記録:レンズペン
書店がメインのお店にて。
c0136361_17174267.jpg

・HALF-WAY AIR HOLE F-3001 (LIHIT LAB.)
・ミズヒキ ポチ袋 ノ-125 (マルアイ)
・サクランボ柄シール (ミドリ)
・Side Push PN388 (サンエックス)
・レンズペン BK50 (ぺんてる)

夕方5時頃に行ったのだが、結構、小学生が多くいた。メインは、レジカウンター前の駄菓子の用だ。
シールの陳列の仕方が変わっていて、専用の吊り下げ型の什器を使わず、便箋や一筆箋の横に並べてあった。

すっかり見かけなくなったレンズペン。当研究所でも1本だけ持っていたのだが、予備も含めて、購入した。
[PR]
by qprc | 2008-09-15 17:34 | 文具探検記録
更新:サイドノック式シャープペンシル3点
サイドノック式シャープペンシル3点追加。

今回は、無印良品、ぺんてる、サンエックスの3製品。
ただし、無印良品は、ぺんてるのOEMなので、実質2製品ということか。

実は、サンエックスの製品は、先日、文具店探検にて入手したもので、まだ、探検記録として報告していない。
明日、探検記録を報告する予定。
[PR]
by qprc | 2008-09-14 19:50 | 研究所
視線の先
梢の中に潜む一羽のゴジュウカラ。
普段は、ちょこちょこと幹を突きながら動き回るので、なかなか、うまく撮れない鳥なのですが、ちょっと動きが止まった、その瞬間をパチリ。

c0136361_2052623.jpg


実は、その視線の先に、虫が飛んでおり、その虫を狙っていたようです。
その後、虫が遠くて行ってしまうと、また、いつものようにせっせと幹を突いて、餌探しに勤しんでおりました。
[PR]
by qprc | 2008-09-13 20:39 | その他
文具を使い切る
文具収集の端くれなので、研究所には、沢山の文具があります。

文具好きではない一般人からすれば、「そんなに沢山の文具、使い切れるの?」と言われますが、コレクションなので、使うことはあまり考えてません。もちろん、自分使い用に購入したモノもあります。しかし、それとて、数ある「自分使い用文具」の中に埋もれてしまいます。

さて、その「自分使い用文具」の中で、昨日、今日と、いろいろと書きものに使用していた油性ボールペン2本を使い切りました。
一つは、クロスのボールペンで、前回リフィルを入れ替えたのは、かれこれ、十数年前です。
もう一本は、"CSY"と書かれたメーカー不明のD型(4C互換)ボールペンリフィル。昔Palm使いの時に東京のイケショップで購入したものです。ですので、こちらも、5年以上は前のものです。
どちらも、消費期限(?)はとっくに超えてますが、今日まで、書き始めにかすれる以外は、書き続けること出来ました。

もう一つ。トンボのシワなしPiTART S というスティック糊。
こちらは、封書の封かんの際に、こまめに使っていたのですが、やっと、今日、使い切りました。
スティック糊を固定している土台(?)の内側についている糊も、貧乏くさく爪楊枝でほじくり出して使ってました。こちらも、消費期限(?)はとっくに超えていたと思いますが、「シワなし」という性能は、最後まで有効でした。

ほぼ同時に、3つの文具が同時に使い切れたことが、ちょっとうれしかったのです。
クロスのボールペンは、しばらく、お休みさせることにします。
[PR]
by qprc | 2008-09-07 19:54 | 研究所